ウンノハウス
ウンノハウスHPへ

Story-6 二世帯がうれしい家

大好きな家大好きな暮らし

Story-6 二世帯がうれしい家
大好きな家大好きな暮らし
二世帯 家
ご両親と息子さん夫婦、4歳と3歳の元気な男の子の、二世帯三世代の6人家族です。以前の家についてお伺いすると、「寒いから寝る時間までこたつのあるリビングに家族みんなで居たの。それはそれで良かったんだけどね。」と奥様の言葉。みんなで寒い日にこたつを囲んで過ごした懐かしい日々は良い思い出になっているのでしょう。今では、床暖房が入って冬もポカポカ。家族の時間もより快適になったそうです。また、2階には息子さん夫婦専用のセカンドリビング。見たいテレビがあるときや、お友達が来たとき、ひとりでゆっくりしたい時などは、ご両親とは別々に過ごすこともできるようにもなりました。家族との時間を楽しみつつ、家の中にそれぞれの居場所があるというのは、お互いの時間を尊重していくために大切なことなのかもしれません。息子さんは、外にこだわりのガレージを建て、ウッドデッキも完成し、お庭でのバーベキューも楽しめるようになりました。「これからは、芝生を敷いて、ガレージとお揃いのフェンスを建てて、カーポートも・・・」と夢いっぱいにニコニコと語ってくれたのが印象的で、家は完成してからも少しずつ育てていくものだと改めて感じます。また、息子さんが愛車の洗車をしていると、その隣でお気に入りのおもちゃの車を洗いはじめるお子様たちは、とても可愛らしく、こうやってパパの背中を追いかけ、いつしか大人になり、パパと同じように愛車を洗車する姿を思い浮かべてしまいます。お母様はとてもお料理上手。いつもお食事の準備は、息子さんの奥様とふたりでキッチンに立ち、おいしいお料理を作ります。料理は、家によって味付けも微妙に違うもの。奥様もお母様の味を受け継いでいかれるのでしょう。そしてお父様は、大家族の洗い物や洗濯など積極的に家事の手伝いをしてくれます。家族みんなで協力し合い、みんなで子育てしていく、そんな素敵なご家族。無理なくお互いを尊重した暮らしの中には、やわらかな空気が溢れていました。