ウンノハウス
ウンノハウスHPへ

Story-11 すべり台のある家

大好きな家大好きな暮らし

Story-11 すべり台のある家
大好きな家大好きな暮らし
家族 家
玄関を入り、リビングの奥に登場する公園にあるような立派なすべり台に驚きを隠せません。そして、リビングには、キッズハンモックがゆらゆらと揺れ、好きな場所に付け替える事が出来るようになっています。2階のロフトは隠れ家のようになっていて、将来はおもちゃの線路をたくさん並べるそうです。子どもだけでなく、大人までワクワクしてしまう楽しい家です。「すべり台のある家が欲しい」と言い出したのは奥様でした。家づくりを考え始めたのは、まだお子さんがお腹にいる時のこと。まだ見ぬ我が子との暮らしを思い描き、「どんな子かな?どんな家族になるかな?」と将来の事を想像しながら、“子供と一緒に遊べる家”というコンセプトのもと、たくさんの楽しい夢を詰め込みました。そんな楽しい夢を優しく受け止めてくれたご主人も素敵です。息子さんも無事産まれ、家も完成!新しい生活の始まり。子どもと一緒にすべり台を滑ったり、ハンモックを揺らしたり、夢に見た子どもとの楽しい生活を送っています。すべり台のある家には親戚やご友人もびっくり!「遊びにきた子供たちは帰りたくなくなっちゃうみたい」と奥様。ご主人は実用的なアイデアで、キッチンのカウンターのところに畳敷きの小上がりスペースを提案。ここは、カウンターの椅子、リビングのベンチ、息子さんのお昼寝スペースと、何役もこなす優れもの。楽しい家には人が集まるものです。奥様の楽しいアイデアと、ご主人の実用的なアイデアで、居心地の良い空間になっているのでしょう。ご夫婦が入籍されたのは震災の直前。大変だった時期を乗り越え、今の生活があります。息子さんには太陽のように明るく育って欲しいという想いを込めて名前を考えたそうです。「元気に育ってくれれば、それだけでいい。」と話すご夫婦。大きくなったら、お友達をたくさん呼んで、元気いっぱい遊ぶ姿が目に浮かびます。きっと、自慢の家になることでしょう。「これから、お庭でバーベキューもしてみたい。畑にも何を植えようか?」と近い将来の夢を話してくれました。ワクワクする事をこれからも家族で探していくのですね。ご夫婦は、いつも息子さんと同じ目線で、兄弟のように見守るやさしい愛を感じます。                                
オレンジ色のキッチンは、奥様のイメージカラー。元気で明るくて、ワクワクすることが大好きなママにぴったり。いつもそこに見えるママの笑顔が、家族の元気の源です。