スタッフの声

自分をさらけだして話そう

営業 / 円山 ゆき子 / 2011年入社 / 山形

ウンノハウスの仕事のいいところをひとつ挙げるなら、お客様が累計的に増えつづけていくことではないでしょうか。私たちの仕事においてはお客様とのおつきあいに「終わり」はありません。家づくりが済んでから数年が経った今でも、「こどもが何歳になった」とか「いまこういうところで悩んでいる」とか「ハロウィンでこんなことをするつもり」とか、お客様からたくさんの近況報告をいただきます。

もともと秋田出身で、ここ山形のことをほとんど知らず知人もいなかった私の最初の仕事は、一生懸命地図を見ることから始まったものです。そんな私にも、こうしてここ山形でお客様とのつながりが増えていったことで、どんどん居心地のよい場所が広がっていきました。とてもうれしいことですし、この仕事の魅力的なところだと感じています。

人と話すのが好きな人なら、この仕事は、きっと向いていると思います。建築に興味があるかないか、ということよりも、自分の本音をきちんと人に伝えられる人かどうかということのほうがずっとずっと大事のような気がします。この仕事は、お客様の年収など、プライベートな情報をいろいろとお聞きしなければなりません。ですから、まずは自分から、胸のうちをさらけ出して話せる人になければならないと思います。話している内容が、こちらの下心によるものなのか、本当にお客様のためを思って言っていることなのか、お客様はすぐ見抜いてしまいますから。

本当にお客様のために、ということを考えて話せるか。一番大事なことは、そこでしょう。

営業
円山 ゆき子
2011年入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用