スタッフの声

エキスパートになれる魅力

インテリアコーディネーター / 濱島 加代子 / 2015年入社 / 山形

「社員研修が充実している会社」。みんな外に眼を向けて、最新のトレンドを学ぶ意欲がある。若い人を育成する土壌があって、若い設計士の方たちや営業の方たちが自分のチカラを存分に発揮し活躍できる。ウンノハウスに転職してまだまもない私はそう感じています。
以前にはこの会社にはインテリアコーディネーターは不在で、私が第一号です。ずっと設計士の方がコーディネーター業も担当されていたのですが、分業化し専門家にやらせる体制を整えることになったのです。

実際、自分の仕事に集中できる環境が整っていますね。当たり前のようですけれど、小さい会社だとそうはいきませんよね。もちろん、幅広い知識を得るためにいろいろなことやる必要はあるんですけれども、その道に専念してエキスパートになれるのは大きな魅力。若いうちからこの会社で学べる人を羨ましく思います。

本当のことを言うと、ウンノハウスに入社する前は、正直、不安でした。プロ集団の中に入ってやっていけるだろうか、と。また、インテリアコーディネーターという仕事を周りがどのくらい理解してくれているのだろうか、と。でも、いろいろと会社のことがわかるにつれて、コーディネイターという仕事をとくに設計士の方々がしっかり理解してくださっていることを知りました。みなさん日々努力し勉強されていて、知識が高く、違う職種のことでもわかってくださっている。志の高い方たちが私を待っていてくださっていることを、嬉しく思うようになりました。社員みんなに十分な教育と仕事のできる環境があって、お客様に120%いいものを提供できる環境ができている。ウンノハウスは、そういう環境づくりに努力を惜しまない会社だと思います。

インテリアコーディネーター
濱島 加代子
2015年入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用