スタッフの声

しあわせな出会いが待っている

営業 / 所長 阿部 喬陽 / 2006年入社 / 山形

私が考えるウンノハウスのいいところは、三つあります。ひとつは地元企業であること。ふたつめは家の性能が高いこと。みっつめは、家の性能が高い上に自由度が高いこと。このよさをうまくお客様に伝えられたら、といつも思います。特に「長く山形に暮らしていくこと」をもしお客様がお考えであるなら、冬はものすごく寒く、夏はものすごく暑いというこの山形の気候を知り尽くして開発されているウンノハウスの家はとてもいいのです。

それはもう、図面や設計のノウハウからすでに違います。そうしたところをご説明して、共感してもらえるか。それが大きなポイントだと思います。
多い日には、40組ほどのお客様が私たちの展示場にご来場くださいます。ここの営業は6人体制ですから、一日で一人当たり7件もの接客をする計算になります、おかげさまで忙しい日々です。たくさんの出会いの中には、やはり忘れられないお客様もいらっしゃいます。

もう何年も前ですが、それまでずっと年上のお客様ばかりを担当してきた自分にとってはじめての年下のお客様となった方の印象が強く残っています。その方は、家に対する想いが非常に強く、自分の家を構えたい、将来は家に親も呼んでいっしょに暮らしたいとお考えの方で、年下なのにものすごくしっかりした考えをお持ちでした。私も一生懸命に対応させていただきました。その結果、できあがった家にはとても喜んでいただきましたし、今に至るまでおつきあいをさせていただいております。その方は、進んでウンノハウスのことをご親戚やご友人に宣伝してくださっています。そんなしあわせな出会いがあることも、本当にうれしいものです。

私のやりがいは、自分のチカラを通してウンノハウスっていいなあと思ってもらうこと。自分を通して、その人の人生に大きく関わり、そのひとのしあわせにつながったということにすごく面白さを感じるのです。

営業
所長 阿部 喬陽
2006年入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用