スタッフの声

レベルの高い現場でガツガツやりたい

施工/加藤 将司/2011年入社/山形

ウンノハウスの現場監督というのは、他社のように新築だけとかリフォームだけとか、そういう縦割りをしないんです。だから、新築もリフォームもアフターフォローも点検も全部見ます。ひとりの現場監督としてずっとお客様の生涯に関わっていくわけですから、それは自分にとってとても恵まれていることだな、と思います。もちろん、すごく大変な面もありますけど、勉強すべきことがたくさん常に目の前にあるおかげで、どんどん自分のスキルを磨いていくことができるわけですから、自分にとってはすごくいいことですよね。

ウンノハウスは社内にチャレンジ制度というものがあって、自分たちで何かをやりたいと手をあげると研修会や資格取得に補助が出ることもありますし、そうした社員の前向きなチャレンジに対してすごくしっかりとサポートをしてくれる会社なんですね。

これまで、お客様に「加藤さんに担当してもらってよかった」と言ってもらえることを喜びと感じてきました。でも、最近はそれに加えて、高度なリフォームであるとか様々な難しい状況が積み重なっているようなハードルの高い現場にチャレンジして、それをしっかりと最後まで無事にやり遂げるということにとてもやりがいを感じています。そして上司や仲間から「よくやったな」とか「すごいね」って褒めてもらえるのがすごく嬉しいんですね。もう、日に日に高いレベルの現場を欲しがっている自分がいる、みたいな感じです。若い頃からずっと野球を続けてきて、高みを目指して取り組むということが染みついてますし、負けたくないという気持ちが強いんです。建築も野球と同じで、職人さんや営業や設計や現場監督といったチームみんなでひとつの家という目標に向かって行けるということが本当に素晴らしいことだと思っています。

施工
加藤 将司
2011年入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用