ウンノハウスの家づくり

心地よさ

夏は暑く冬は寒い過酷な気候でも安心してお住まい頂けるウンノハウスオリジナルのハイグレードな断熱性能。お住まいの地域やお客様のニーズに合わせた3タイプをご用意。

  • 南東北3県に最適な断熱性能

    断熱等性能等級『最高等級4』
    南東北に最適な快適性能

    資料請求へ

  • 北海道仕様の最適な断熱性能

    断熱等性能等級『最高等級4』
    北海道仕様の快適性能

    資料請求へ

  • ファーストクラスの快適性能

    内外ダブル断熱・ダブル遮熱が可能にした
    北海道仕様のハイグレードな快適性能

    資料請求へ

暑い夏も、寒い冬も、心地よい空間に。

東北・北海道の気候も快適に過ごせる、
「最高水準」の省エネ性能。

国の省エネルギー基準では、全国を市町村単位で地域区分を行い、地域ごとに基準を満たす住宅性能を定めています。東北南三県は、3~4地域(改正省エネ基準)に区分されますが、ウンノハウスのエポック・エグゼは、これらを高い水準で上回る北海道の一部などに区分される「1地域」の極寒地域でも、断熱性能は「等級4」の最高ランク性能を有しています。

熱抵抗値(R値)とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。
値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

  • 窓
  • 屋根
  • 床
  • 壁
  • 換気

窓

窓には3枚のガラスを使ったトリプルガラスを標準採用。窓と窓の間の空中層にはガスを充填することで空気よりも比重が重くなりより一層の断熱効果を発揮。冷暖房された室内の熱の反射率を一層高め、遮熱性や断熱性を高次元で発揮する省エネ性に富んだ窓ガラスです。
  • らしさ
  • らしさ

仕様

「エポックエコ/エポックエグゼ」の仕様

「熱貫流率」とは、部材の熱の通りやすさのことです。値が小さい程、熱を通しにくく、断熱性能が高いということになります。

  • トリプルガラス

  • 内外ダブルLow-Eコーティング
    (特殊金属皮膜)

  • アルミ樹脂複合サッシ

  • 中空層14mm幅 アルゴンガス充填

アルゴンガスについて
空気よりも比重が重く、複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。
また、気体の断熱材ともいわれる不活性ガスで、空気よりも熱伝導率を30%抑えることができます。

窓の違いによる断熱性能の比較(熱貫流率)値が小さい程、断熱性能が高い。

仕様

「エポック・スーパーステージ」の仕様

「熱貫流率」とは、部材の熱の通りやすさのことです。値が小さい程、熱を通しにくく、断熱性能が高いということになります。

  • トリプルガラス

  • 内外ダブルLow-Eコーティング
    (特殊金属皮膜)

  • 樹脂サッシ

  • 中空層13mm幅 クリプトンガス充填

SSGではフレーム自体の断熱性能も追求。

エポック・スーパーステージの「トリプルガラス・超断熱樹脂サッシ」は、フレーム自体の断熱性能も追求。多層ホロー構造によってフレーム内の中空層を増やし、熱を伝えにくくしています。寒い冬の日でも窓辺のひんやり感を低減する高性能窓枠です。

クリプトンガスについて
空気よりも比重が重く、複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。
また、気体の断熱材ともいわれる不活性ガスで、空気よりも熱伝導率を60%抑えることができます。

窓の違いによる断熱性能の比較(熱貫流率)値が小さい程、断熱性能が高い。

屋根 小屋根からの熱の侵入を防ぐ。

天然素材で高性能なセルローズファイバー。

天井の断熱材には、夏場は室内の冷房熱の流出を抑え、また高温になりがちな小屋裏の暖気を蓄えず夜に放出しないことと、冬場は室内の暖房熱を逃がさないことが要求されます。ウンノハウスでは高密度で構成されているセルローズファイバー隙間なく吹き込み、 室内環境の冷暖房熱を天井から小屋裏へ逃がさない高性能な断熱材で快適さを維持します。セルローズファイバーとは、リサイクル紙(厳選された新聞古紙)を原料とした天然の木質繊維です。無機質の繊維と違い、柔らかく皮膚への刺激もないことが特徴です。この天然繊維が緻密に絡み合い空気層をつくり、もともと1本1本の繊維の中にも細かい空気胞が存在しますから高い断熱性能を発揮します。

■繊維系断熱材の熱伝導率比較 値が小さい程、断熱性能が高い。

■繊維の拡大画像

グラスウール、
ロックウールなど
無機繊維(顕微鏡画像)
硬い針状で、繊維自体に空気胞がない。
セルローズファイバー(顕微鏡画像)
1本1本の繊維の中にも小さな空気胞があり、これが高い「断熱性」を生み出します。
  • らしさ
  • らしさ
  • らしさ

仕様

「エポックエコ」の仕様

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

仕様

「エポックエコ」の仕様

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

仕様

「エポックエコ」の仕様

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

暑い日差しの熱を大幅カット

「断熱材」と「遮熱材」のはたらきの違い

断熱材の特性は、熱を伝えにくくするのが主な働きです。冬季間などの、外気温の低い熱に対しては、これらは非常に大きく効果を発揮します。しかし、暑い夏など断熱材の蓄熱許容量を超えてしまうと、温まった構造躯体や断熱材が赤外線を放出し始め、居室内の温度に大きく影響を与えるという現象が起こりえます。一方、遮熱材はアルミ箔の特性から熱エネルギーを反射して返す働きがあり、構造躯体や断熱材への熱の蓄熱を最小限に抑えてくれます。太陽エネルギーを直接受ける表面積の大きな屋根構造には、こうした熱エネルギーを反射する遮熱性能が、夏暑い南東北の気候に大きな効果をもたらしてくれると言えるでしょう。

「床」 床下の冷気を遮断する。

天然素材で高性能なセルローズファイバー。

ウンノハウスの床構造は、厚い28㎜もの構造用合板と高性能断熱材を敷き詰めた断熱床構造です。断熱材には壁と同様、「押出法ポリスチレンフォーム保温板3種(XPSⅢ)」を使用しています。断熱性能はもとより、防水性に優れ、独立気泡の内部構造により、透湿性がなく劣化にも強い性質をもっています。土台や大引との気密施工とあわせて、この優れた特性が床の断熱性能を末永く維持し、床下の冷気を断熱し快適さを持続させるのです。
  • らしさ

仕様

全プラン共通仕様

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

「壁」熱を入れない、逃がさない。

  • らしさ
  • らしさ
  • らしさ

仕様

「エポックエコ/エポックエグゼ」の仕様

エポックエコでは、最新の細繊維技術により従来の高性能グラスウールよりさらに細く均一な繊維の「高性能省エネグラスウール(細繊維タイプ)」を105mmの厚さで柱と柱の間に充填し、壁からの熱の移動を防ぎます。グラスウールは、リサイクルガラスを主原料に高温で溶解し綿状にした細い繊維が複雑に絡み合い繊維間に静止した空気層を形成し熱を伝えにくくする断熱材です。そのため、グラスウールの熱伝導率は密度や繊維の太さに大きく左右されます。1本1本の繊維径が細く本数が多い高性能省エネグラスウールは静止した空気層をより細分化することで、同じ厚みの従来型高性能グラスウールよりも断熱性能が高くなっています。

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

仕様

「エポックエコ/エポックエグゼ」の仕様

エポック・エグゼの断熱構造は、ハイレベルな性能をもつ発泡プラスチック系断熱材「押出法ポリスチレンフォーム保温板3種(XPSⅢ)」による板状の断熱材EXE壁パネルで構成しています。この高性能断熱材「XPSⅢ」は、気泡と気泡のあいだにも更に細かい気泡が存在し、一つ一つのメインの気泡の部屋がつながっていない完全独立気泡構造でできています。「XPSⅢ」は数ある断熱材のなかでも最高ランクの性能を有し硬さと耐久性にも強い特長をもった住宅の断熱材として最も信頼できるものです。

「遮熱」という新しい住宅性能

太陽エネルギーの約半分は赤外線として私たちの地上に届きます。この赤外線が物質にあたるとエネルギーを得て熱を持ちます。これを「輻射熱」と呼びます。私たちが生活のなかで、「暑い・寒い」と感じるのは、ほとんどがこの「輻射熱」の特性によるものです。しかし、すべての物質が同じように赤外線を吸収する訳ではなく、下の図で示すように物質によってその反射率は異なります。 従来の高気密高断熱住宅は、文字通りすき間を塞ぐ気密化と高い断熱性能により、冷暖房によってつくられた室内空気の熱の「伝導」や「損失(対流)」による熱移動を少なくするものでした。 高気密高断熱性能に加えて、高い反射性をもつ「アルミ箔」を壁のなかに配することで、断熱材への熱移動を内側で抑え、エネルギーを消費して温めた空気や冷やした空気を内装材へ返し、室内温度環境に貢献するという仕組みが「遮熱」という住まいの新しい性能です。

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

仕様

「エポックエコ/エポックエグゼ」の仕様

エポック・スーパーステージの壁構造は、発砲プラスチック系断熱材『押出法ポリスチレンフォーム(XPSⅢ)』という数ある断熱材のなかでも最高ランクの性能を有し、硬さと耐久性にも強い特徴をもった断熱材を室内側と外側のダブル断熱、合計120㎜厚で使用。住宅史上新しい性能といえる「遮熱」もプラスした「ハイブリッド壁パネル」で構成しています。充填断熱工法と外断熱工法のそれぞれのメリットを活かした全く新しい壁構造です。

「遮熱」という新しい住宅性能

太陽エネルギーの約半分は赤外線として私たちの地上に届きます。この赤外線が物質にあたるとエネルギーを得て熱を持ちます。これを「輻射熱」と呼びます。私たちが生活のなかで、「暑い・寒い」と感じるのは、ほとんどがこの「輻射熱」の特性によるものです。しかし、すべての物質が同じように赤外線を吸収する訳ではなく、下の図で示すように物質によってその反射率は異なります。 従来の高気密高断熱住宅は、文字通りすき間を塞ぐ気密化と高い断熱性能により、冷暖房によってつくられた室内空気の熱の「伝導」や「損失(対流)」による熱移動を少なくするものでした。 高気密高断熱性能に加えて、高い反射性をもつ「アルミ箔」を壁のなかに配することで、断熱材への熱移動を内側で抑え、エネルギーを消費して温めた空気や冷やした空気を内装材へ返し、室内温度環境に貢献するという仕組みが「遮熱」という住まいの新しい性能です。

「熱抵抗値」とは、材料の熱の伝わりにくさを表す値です。 値が大きい程、熱が伝わりにくく、断熱性能が高いということになります。

「壁」熱を入れない、逃がさない。

  • らしさ
  • らしさ

仕様

「「エポック・エコ/エポック・エグゼ」の仕様

窓を開けずにエアーフレッシュ。すみずみまで新鮮な空気の「計画換気システム」

換気経路と空気のながれ

  • リビングや和室などの居室空間からフィルターによって清浄された外気を取り入れ、居室ゾーンでは新鮮な空気を。空気は徐々に湿気・臭気を運びながら、廊下やオープンな空間を通りトイレや洗面所などのサニタリーゾーンの「排気経路」より湿気とともに排気されます。
  • 2階も同様に居室空間から新鮮な外気を取り入れ、建具のスリットなどを通して、トイレや納戸などから換気が行われます。よどみのないさわやかな空気の流れをつくり、住まいが呼吸するように室内空気環境を常に整え、建物保全効果をも高めています。

排気ファン

洗面室やトイレなどの排気経路となる空間に取り付けられる排気ファン。省電力型で経済的ながら効率的に家中の空気を排気します。

給気ファン

各居室に取り付けられる給気ファン。花粉やホコリなどの外気の汚れやちりをカットして新鮮な外気を取り入れます。

オプション「PM2.5対応」微小粒子フィルター

微小な粒子をも、逃さずキャッチ。

近年、大気汚染物質として新たに注目されている「PM2.5」。これらは大気中に浮遊する2.5μm(マイクロメートル=1㎜の1000分の1)以下の微小粒子物質の総称をいいます。スギ花粉や黄砂などに比べても非常に小さい物質で、呼吸器の奥深くまで入り込みやすいなど、人体への健康影響が懸念されています。こうした微小粒子をもキャッチしてくれる専用フィルターをご用意。2.0μm以上ならば約97%の捕集効果を発揮します。
タバコの煙の臭いや二酸化炭素などのガス成分は捕集できません。またフィルターを装着することで、換気風量が低下することがあります。
季節での交換使用やご使用上の注意をお守りのうえご利用いただく必要がございます。

仕様

「エポック・スーパーステージ」の仕様

夏でも冬でも室内の快適温度を逃さずエアーフレッシュ。高性能全熱交換型換気システム熱回収率91%ダクトレスタイプ

  • メンテナンス費用や
    ランニングコストの節約が可能

    電気代が年間約1100円程度と省電力。 ダクトがないので、定期的なダクト清掃が不要。

  • トップクラスの熱交換率「最大91%」

    換気による内部熱ロスを減らせ、冷暖房効果を保てて経済的。

  • 過乾燥や結露、
    カビ、ダニ

    を防ぎ、人と家の健康を守れる。空気と熱と共に水蒸気も集めて調湿効果を発揮。全部屋の湿度が一定に保てる!乾燥や結露が防げる!と評判

  • 自由な設計

    ダクト経路の制限がなく、勾配天井や吹き抜け等の自由な設計が可能。

  • 衛生的

    汚れがたまるダクトが無く、空気がいつもきれい。

  • 高性能省エネ型住宅では、熱の流出を最小限に留める工夫が随所になされています。換気も同様にエネルギーロスの少ないことが求められ、冷暖房による快適な室内空気(熱)を極力逃さず、新鮮な外の空気と入れ替えることを理想とします。エポックスーパーステージでは、住宅先進国といわれるドイツで開発された高効率の「全熱交換型換気システム」をご用意。外の空気熱と室内の空気熱を回収し、温度と湿度を同時に室内の状態に近付けて空気を入れ替えることができます。内臓された蓄熱素子(セラミックス)に、排気時に熱を蓄え、給気時には新鮮な空気がその熱を回収して室内に入るというシステムです。これは一つの換気システム自体が「給気の作動」と「排気の作動」の両方を一程時間ごとに切り替えるチェンジャー方式で成り立っています。
  • 測定データでは、外気温がマイナス24℃の極寒気候のなかでも、給気の室内温度は14℃〜17℃と優れた性能を発揮しています。またダクトレス方式により本体ユニットなどの場所もとらず、メンテナンスも容易で、カビや結露の心配もありません。また「全熱交換型」は熱ばかりではなく水蒸気をも回収するという方式から、給排気時には水蒸気も約70%を回収し、室内の湿度コントロールを行い、暖房時期にみられがちな過乾燥に対しても有効に働き、快適な湿度環境を維持してくれます。更に換気ファンは直流モーターにより消費電力が交流に比べはるかに少なく経済的です。高性能省エネ型住宅にふさわしい、これまでに無かった画期的な性能を誇る全熱交換型換気システムです。

簡単資料請求