日本の住まいのネクストスタンダード。

エネルギー「±0」の家 ZEH Net Zero Energy House

リフォーム

リフォーム

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 5% 10% 15% 30% 50%
実績

16%

(内Nearly ZEH 8%)

       

ZEHってなんだ?

『高い断熱性能』と『省エネ設備』により
省エネ基準より20%以上のエネルギー消費量を削減。
さらに、太陽光発電等によりエネルギーを創ることにより
年間で消費する住まいのエネルギー量を
正味でゼロ以下を実現した住まいをいいます。

ZEHってなんだ?

新しく家を建てる方が
ZEHの住宅を建てやすいように、
国の補助金により普及を促進しています。

高い断熱構造やトリプルガラスなどの高性能窓で
家全体の断熱性能を高め、
さらにエネルギーを上手に使う
高効率設備を採用します。
快適空間を保ちながら光熱費を削減し、
さらにエネルギーの自立化を目指した
現代にふさわしい住まいです。

断熱スペックの一例です。

  • 高耐震性と内外ダブル断熱の
    ハイブリット壁パネル

  • 断熱性、防水性に優れ透湿性がなく
    劣化に強い高性能床下断熱

  • 遮熱性能を持つ屋根構造
    高断熱高気密な天井断熱

  • 樹脂サッシ&トリプルガラス
    クリプトンガス充填ダブルLow-E


  • 省エネ設備の一例です。

  • 創エネ設備の一例です。


もう、始まっています! ZEH住宅が「あたりまえの時代」

未来に向けた家づくり。

2020年から始まる「省エネ基準適合住宅の義務化」に向け、
木の家はこれから大きな責任を果たす存在として期待されています。

新しい時代に対応するハイレベルな断熱性能を装備し、さらに太陽光発電などの自然エネルギーを活用して環境にやさしい家づくりが求められています。自動車やエネルギー機器など環境テクノロジーが進む現代、家づくりにおいても自然のチカラと先進のチカラでさらに省エネルギーな暮らしを実現し、地球の未来をみんなで守ろうというスタイルが国をあげて始まっているのです。

国の進める低炭素社会へ向けてのロードマップ